テーマ:季節

一富士、二鷹、三茄子

 昔から、初夢で縁起が良いのは「一富士、二鷹、三茄子」という言い伝えがある。その起源にはいくつかの説があるらしいが、富士は日本一の山、鷹は賢くて強い鳥、なすは事を「成す」 ・・・と云う説が最も妥当なところだろう。しかし、初夢でこのような縁起の良い夢を見たなんてことは殆ど聞いた事がない。「一富士」の初夢を見た人は宝くじが当たるくら…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

暑さ寒さも彼岸まで?

 長い夏の暑さもお彼岸になってようやく和らいで、「やはり、暑さ寒さも彼岸までだね」とホッとしていたら、彼岸が過ぎたとたんに又真夏日に逆戻りである。昨日はコスモスの咲きだした昭和記念公園へ行ってみたが、暑いのには参った。東京の最高気温は32度だったという。  コスモスは満開には少し早すぎ、まだ1週間はかかりそうだった。アマチュアカメ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

御岳山のレンゲショウマ

 先日、奥多摩の御岳山にレンゲショウマを見に行ってきた。今年の夏は記録的な猛暑で、この日も東京は37度の暑さだったが、御岳山の上まで来るとやはり一段と涼しい。  ケーブルカーの御岳山駅を出ると、そこから展望台まで行くリフトがあり、このリフトが昇る小高い山の北側斜面一帯がレンゲショウマの群生地である。急な斜面であるが、林間のかなり広…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

巾着田の曼珠沙華

 昨日、巾着田の曼珠沙華を撮影してきた。日本最大規模の100万本とも言われるヒガンバナの花が咲きそろい、「高麗の里」は真っ赤に彩られていた。ウイークデイにも拘らず見物客で大賑わいだった。ただ、個々の花は殆ど盛りを過ぎていて、写真に撮るキレイな花を探すのに苦労した。この花はやはり名前の通りお彼岸の頃が一番の見頃のようだ。  ここ「高麗の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏の終わり

 9月に入って急に朝晩が涼しくなり、遅かった夏もいよいよ終わり近づいた。  今年の夏は、最初に冷夏を思わせる日が続き、暑くなったのは立秋の頃になってからだった。猛暑といえる日は比較的少なかったと思う。各地に集中豪雨があって被害が多発した。雨の恐ろしさ、水の怖さということを実感させられた夏だった。  反面、降雨量が多かったお陰で各地の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more