テーマ:シルクロード

シルクロード紀行 13. 万里の長城と紫禁城

 10月30日  昨夜はウルムチのホテルに宿泊した。今朝は9:30発の中国国際航空で乗り継ぎ地の北京へ向けて出発。22日から世話をしてくれたスルーガイドの寥さんとウルムチでのガイド張さんの二人がウルムチ空港で見送ってくれた。寥さんはここから本社のある成都に帰るという。北京行きの便は順調に飛行したが、その先の羽田行きが心配だった。昨…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シルクロード紀行 12. カシュガル 職人街

 午後はエイティガール寺院近くにある古い街並みの商店街に出掛けた。商店街には職人街と云われる街も続いていて、店先で職人が仕事をしている。鍛冶職人、木工職人、パン職人、ナン職人などなど。  立ち寄った楽器店の主人は日本語が堪能で、民族楽器についていろいろと楽器を鳴らして説明してくれた。「日本の曲を」というリクエストに応えて弾いてくれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シルクロード紀行 11. カシュガル 旧市街

 10月29日  今日はカシュガル市内での撮影である。カシュガルはシルクロードの天山南路と西域南道が合流するタクラマカン砂漠西端のオアシス都市で、中国国内で最西端の町である。人口の約8割をウイグル族が占めるイスラム教の街である。上の写真は繁華街の中心にあるエイティガール寺院。ここの広場は礼拝の日には数万人の信徒で埋め尽くされるとい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シルクロード紀行 10. アクスからカシュガルへ

 10月28日  昨夜はアクスで宿泊し、今日はいよいよカシュガルへ向かう。アクスからカシュガルまでは450キロ。今日は移動が中心で、特に撮影のために立ち寄る所はない。ただ、途中でウイグル族の住宅を訪問する予定が組まれている。  今日は天候も良く北側に山々が見えるが、それほど高い山ではない。これも天山系の山だろうが、残念ながらこの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シルクロード紀行 9. 魔鬼城

 10月27日  タクラマカン砂漠の縦断を終えて、これから天山南路をカシュガルへ向かう。ここ輪台からアクスまで280キロ、今日はアクスで泊まり、あすアクスからカシュガルまで450キロを走る予定である。  今日はあいにく曇っていて、期待していた天山山脈を見ることはできない。殺風景なゴビ状の原野のハイウェイを走り続ける。途中には広大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シルクロード紀行 8. 砂漠の木 枯楊

 塔中招待所を出発して、我々のバスは再び北に向けて砂漠公路をひた走った。2時間余り走ると砂漠の中に枯楊の木がちらほらと見えてきた。タリム河が近くなり、この辺の砂漠の地下に水分が多くなってきたのだろう。 枯楊は砂漠に成育する樹木で、乾燥に強く極寒酷暑にも強い。成長は遅く、塩・アルカリに対する耐性もあるという。世界の枯楊の6割は中国にあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シルクロード紀行 7. タクラマカンの真ん中

 10月26日  昨夜はここ塔中招待所に泊まった。砂漠の中にポツンと建っている「荒野の宿屋」であり、まるで西部劇にでも出てきそうな光景である。砂漠公路を旅する人の宿泊だけでなく、近くにある石油基地の人たちが休日に食事をしに訪れるらしい。この塔中地区には幾つもの油田が開発されている。そもそもこの砂漠公路は石油開発の目的から建設された…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シルクロード紀行 6. タクラマカン砂漠縦断

 ニヤ(民豊)の街から砂漠の中に向かって走ると砂漠公路入口のゲートがある。ここからいよいよタクラマカン砂漠縦断である。  砂漠公路はニヤからルンタイ(輪台)に至る砂漠縦断のハイウェイで1997年に完成した。着工当初は日本の技術指導があったという。ニヤから砂漠の真ん中にある塔中まで250キロ、塔中から輪台まで250キロ合計約500キ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シルクロード紀行 5. 西域南道から砂漠公路へ

 10月25日  朝6時起床、7時(北京時間)ホテル出発。まだ真っ暗である。中国では広い国土の何処でも北京時間が標準時間であり公式に使われているが、日常生活には非常に不便である。学校、役所等の昼休みは午後2時頃から4時頃までだそうで、実態的には2時間から3時間の時差があってちょうど良い位である。一般市民は北京時間から2時間遅れの「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シルクロード紀行 4. ラクダトレッキング

 昼食後は砂漠へラクダ隊の撮影に出かけた。この日は満月である。天気が良ければ「月の沙漠」が撮れるかもしれない。夕方の月の昇る時間に何とか晴れて欲しいと期待して出発した。  ホータンから砂漠の中のハイウェイを走って北へ約50キロ入る。初めて目にする大砂漠、365度どちらを向いても砂だけの世界である。ハイウェイから横道に入ってしばらく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シルクロード紀行 3. ホータン

 10月24日  昨日はクチャ行きの飛行機が次々にキャンセルされてしまい、予定を変更して深夜にホータン(和田)に着いた。でも、寥さんの機敏な対応により、昨夜のホテルから最終日迄の行程変更もすべて順当に手配済みとのことで安心した。チャーターバスと現地ガイドは今朝までにクチャから到着していた。運転手とガイドのグランバイルさんは今日から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シルクロード紀行 2. 天候不良で行程変更

 10月23日  ホテルを 6:30 に出発してウルムチ空港に向かう。8:30 発のクチャ行に乗る予定である。朝食はホテルの用意した弁当をバスの中て食べた。パンとゆで卵だけの簡単な物だ。バスの中で寥さんが用意してくれた中国元を両替する。1万円で740元也。  空港に着くとチェックイン窓口で予約していた便がキャンセルされたと告げら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シルクロード紀行 1. タクラマカン砂漠撮影旅行へ

 10月22日、タクラマカン砂漠を撮影する旅行に出掛けた。前日21日にオープンしたばかりの羽田空港新国際ターミナルからの出発である。朝6時30分、写真仲間8人が集合。その殆どが毎月集まっている写真クラブのメンバーである。気心が知れた人達ばかりなので楽しい旅になりそうだ。旅行を企画してくれた中国旅行社の日本支社女性担当者の見送りを受け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more