テーマ:ネパール

ヒマラヤ紀行Ⅱ 11.ナガルコット

・2月21~22日 ポカラ~ナガルコット  今朝も雲が多くて山は見えず撮影は中止。8:30にホテル出発。8:40 ポカラ空港着。ブッダエアーU4604 は少し遅れて9:57 離陸した。添乗員が全員のシートを山側に取ってくれた。天候が良ければヒマラヤの山並みが展望できるのだが、わずかにマナスルがうっすらとが見えただけだった。 カトマ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒマラヤ紀行Ⅱ 5.ナウリコット村

・2月17日 ナウリコット滞在 (つづき)  朝食をとって一休みした後、カメラ片手にナウリコットの集落を訪問した。ロッジから少し下った向こうに住宅が密集した高台が見え、その右下には広々と畑が続いている。のんびりした田園風景だが、そのすぐそばまでダウラギリの山裾が迫っており、ヒマラヤ山系のど真ん中であることを実感させる。畑の中に小さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒマラヤ紀行Ⅱ 3.四輪駆動車でジョムソン街道を行く

・2月16日 ポカラ~ナウリコット  朝早くホテルの屋上に上がってみたが小雨で山は見えない。帰りもここで一泊するので次の機会に期待して今朝の撮影は諦める。  今日はいよいよダウラギリを目指して出発である。チャーターした四輪駆動車4台に分乗してジョムソン街道をナウリコットまで登ってゆく予定だ。「ジョムソン街道」はネパールからチベッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒマラヤ紀行Ⅱ 2.バンコク経由ネパールへ

 ・2月15日 バンコク~カトマンズ~ポカラ  今朝は6時起床。朝食前にスーツケースを部屋の前に出しておこうと思って、うっかりキーカードを持たずに廊下に出たところドアが閉まって締め出されてしまった。添乗員を探してキーカードを再作成してもらったが、初日からへまをやらかしてしまった。それにしても身支度していたから良かったものの、下着姿…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒマラヤ紀行 11. ナガルコットの丘

・ 1月29日 ナガルコット  最終日の朝はナガルコットで迎えた。カトマンズから東へ約30キロ、標高2100メートルのナガルコットの丘はヒマラヤの展望台として有名である。カトマンズの人たちは日の出を見るためにここに来るという。瀟洒なホテルが丘の彼方此方に点在し、それがとても魅力的な光景を成している。私たちのホテルも、ヒマラヤのラ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ヒマラヤ紀行 10. ハッティバンからバクタプルへ

・ 1月28日 ハッティバンからバクタプルへ  昨日午後、カトマンズを出発してハッティバンに来た。ここ「山岳展望ホテル ハッティバン・リゾート」はかなり高い山の上にある。昨日は麓でバスからジープに乗り換えて、急な山道をジグザグと登ってきた。ホテルは静かな森の中にあり、客室はいずれも離れになっている。何処からもカトマンズ盆地を見下…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒマラヤ紀行 8. 古都パタン

・ 1月26日 (続き)  カトマンズに戻って、昼食後は古都パタンを見物した。  パタンは、バグマティ川を挟んでカトマンズの南にある。この町は、カトマンズ盆地にマッラの3王朝が独立・君臨した3王国時代に首都として栄えた所で、旧王宮や多くの寺院がある。ここに住むネワール族は彫刻・絵画などの芸術に秀でて、工芸の町として知られている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒマラヤ紀行 3. カトマンズの街

・ 1月23日 (続き)  カトマンズの国際空港は、建物がレンガ造りで、ガラス多用のバンコク空港とは対照的に、とてもクラシックで地味な空港である。この国の経済力を物語るように、入国審査の部屋の天井は低く蛍光灯も暗い。  空港の建物を一歩出ると、多数の若者が群がって来た。チップを求めて、スーツケースを運ばせてくれと周囲から手を差…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more