奥の細道紀行 26. 温海~村上

・ 温海  (2014. 8. 30.)  不玉ら大勢の俳人に送られて酒田を立った芭蕉は、大山を経て温海に着いた。この間の海岸線は岩組が美しい所である。「曽良随行日記」には『三瀬ヨリ温海ヘ三リ半。此内、小波渡・大波渡・潟苔沢ノ辺ニ鬼かけ橋・立岩、色々ノ岩組景地有』と記されている。私たちはこれらを車窓から眺めながら移動し、塩俵岩の所…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奥の細道紀行 25. 象潟

・ 象潟  (2014. 8. 30.)  「奥の細道」の西の北限である象潟は、芭蕉たちが訪れたころは、『俤松島に通ひて、また異なり。松島は笑ふがごとく、象潟は憾むがごとし』と本文にあるように、海上に浮かんでいた群島で、奥州の名峰鳥海山を背景に松の緑が点在する風景は、筆舌につくしがたいものだったようである。その後、文化元年(180…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奥の細道紀行 24. 鶴岡~酒田

・ 鶴岡  (2014. 8. 29.)  芭蕉は一週間滞在した羽黒山を下って、酒井十四万石の城下町鶴岡に入り長山重行宅に三泊した。重行は身分も教養もある庄内藩士で、江戸在勤中に芭蕉庵を訪ねて入門した人である。  長山宅跡は住宅街の一角にあり、現在空き地になっていて「芭蕉滞留の地」碑とこの地で巻かれた歌仙発句の碑が建っている。「…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

奥の細道紀行 23. 出羽三山

・ 羽黒山  (2014. 7. 10.)  出羽三山というのは、羽黒山(436m)・月山(1980m)・湯殿山(1504m)の総称である。いま羽黒山には出羽神社、月山の頂上には月山神社、湯殿山の中腹には湯殿山神社がそれぞれ鎮座するが、月山・湯殿山は積雪により、冬季間参拝が不可能なため、羽黒山の出羽神社に三神を合祀して、三神合祭殿…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奥の細道紀行 22. 本合海~最上川

・ 本合海  (2014. 7. 9.)  六月三日(陽暦7月19日)、好天に恵まれて新庄を立った芭蕉は、本合海より最上川下りの船客となり、清川で上陸、羽黒山麓に向かったのである。。本合海は、「義経記」によれば平泉へ逃れる義経主従が、羽黒山から清川へ出、最上川を船で遡り、上陸した場所である。芭蕉がそこから逆に船で下ったのは、義経を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奥の細道紀行 21. 大石田~新庄

・ 大石田  (2014. 7. 9.)  「おくのほそ道」に『最上川乗らんと、大石田といふ所に日和を待つ』とあるように、芭蕉は最上川を下るため船待ちしようとして立石寺から大石田に出て、高野一栄宅に三日間滞在した。芭蕉来訪当時の大石田は酒田へ下る川船の発着所(河港)として栄えた所で、米や紅花などが積み出しされた。  当時、俳諧の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奥の細道紀行 20. 医王寺~国見

・ 医王寺  (2014. 6. 5.)  医王寺は、源義経が鎌倉に駆けつけるときに家臣となって従い、屋島と京堀川で討ち死にした佐藤継信・忠信兄弟の菩提寺である。のち、兄頼朝に追われた義経は、平泉に逃れる途中、この寺に立ち寄ったといわれ、弁慶の笈などゆかりの品が宝物館に収納されている。  「おくのほそ道」で、『佐藤庄司が旧跡は・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奥の細道紀行 19. 安積山~信夫文知摺石

◎今回と次回 (No.19 & No.20) は、2月に予定していたが大雪のため中止になっていた行程で、奥の細道の順路としては「No.9 鐙摺~武隈の松」 の前に遡ります.。 ・ 安積山  (2014. 6. 4.)  「おくのほそ道」に『檜皮の宿を離れて、浅香山あり。道より近し。このあたり沼多し』とある。行ってみると、浅香…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奥の細道紀行 18. 尾花沢~立石寺

  ・ 尾花沢  (2014. 5. 16.)   山刀伐峠を越えて尾花沢に入った芭蕉は鈴木清風を訪れ、そのもてなしを受けてくつろいだ。「おくのほそ道」に『尾花沢にて清風といふ者を尋ぬ。かれは富める者なれども志卑しからず』と描かれている清風は、この地方の特産品である紅花の問屋で、芭蕉とは江戸で知り合った俳人である。  清風宅跡は現…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奥の細道紀行 17. 尿前の関~山刀伐峠

・ 尿前の関  (2014. 5. 15.)  いよいよ芭蕉は進路を西に向けて出羽の国に向かう。「おくのほそ道」では『小黒崎・みづの小島を過ぎて、鳴子の湯より尿前の関にかかりて、出羽の国に越えんとす』と記している。  小黒崎・みづの小島(美豆の小島)は、古今集・続古今集などで詠われた歌枕である。江合川の広い河原に向かって、古今集…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奥の細道紀行 16. 平泉(続)~岩出山

・ 平泉  (続き)  中尊寺では先ず金色堂を見物した。私はどうゆう訳か今まで機会がなく、この歳になって平泉は初めてである。この金色堂を今まで見たことがなかったのだ。今回の奥の細道巡りを始めた動機も、金色堂を見たいことが第一であった。それだけに少年のような期待感でこの瞬間を迎えた。  期待以上に素晴らしいものだった。全体が金箔に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奥の細道紀行 15. 一関~平泉

・ 一関  (2014. 5. 14.)  芭蕉が登米を発って一関に入った日は、ひどい大雨だった。「曽良随行日記」には、『十二日曇。戸今を立。・・・・・一ノ関黄昏ニ着。合羽モトヲル也。宿ス』とある。 一関市内の「かっぱ崖」には幾つかの標識が建っている。このあたりで芭蕉は合羽も染み透るほどの豪雨に降られたらしい。 芭蕉は、地主町の磐…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奥の細道紀行 14. 石巻~登米

・ 石巻  (2014. 4. 17~18.)  松島を発って石巻の日和山に向かう途中、石巻湾に面した東松島市、石巻市の津波被災地を通り、大震災の凄さ、恐ろしさを目の当たりにした。震災前は立派な市街地だった地区が、今は瓦礫などは整理されて一面の更地に化し、一階が破壊されたままの一軒家や柱だけになった寺がポツン立っていたりする。その…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

奥の細道紀行 13. 松島、瑞巌寺

・ 松島  (2014. 4. 16~17.)  「おくのほそ道」の冒頭の一節で、『松島の月まづ心にかかりて』と述べているように、芭蕉は深い期待をもって松島を訪れた。そして『そばだつものは天を指さし、伏すものは波に腹ばふ・・・・その気色えう然として、美人の顔を粧ふ』と松島の風景を絶賛した名文を記しているが、あまりの感動で俳句を詠め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奥の細道紀行 12. 塩竈

・ 塩竈  (2014. 4. 16.)  塩竈神社は陸奥国一宮として古くから崇敬され、仙台藩主伊達家によって再興整備されてきた。芭蕉はここを詣でて、「おくのほそ道」に『かかる道の果て、塵土の境まで、神霊あらたにましますこそ・・・・いと尊けれ』と崇敬と讃嘆の気持ちを記している。  「陸奥国一宮」の扁額を掲げた鳥居をくぐると、長く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奥の細道紀行 11. 多賀城~末の松山

・ 壷碑(つぼのいしぶみ)・多賀城跡  (2014. 3. 9.)  多賀城外郭南門跡から公園に入り丘を登ってゆくと、四面が格子窓の鞘堂がある。この鞘堂に納められて立っているのが「壷碑」と云われた多賀城碑である。この壷碑は、神亀元年(724)創建、日本三古碑の一つに挙げられる古碑で、古くから歌枕として知られるものだ。芭蕉は壷碑を訪…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奥の細道紀行 10. 笠島~仙台

・ 笠島  (2014. 3. 8.)  「曽良随行日記」によると、陰暦5月4日 飯坂を出発した芭蕉一行は、伊達の大木戸・鐙摺・甲冑堂を過ぎて白石に一泊し、4日に岩沼で武隈の松を見物したのち、笠島へ左折する道を通り過ぎてしまい笠島を見られず、夕刻仙台に到着しているから、「おくのほそ道」本文と実際の行程との間には大きな差異があること…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奥の細道紀行 9. 鐙摺~武隈の松

(2月に予定していた 「黒塚~国見」 の行程は記録的な大雪のため中止になりました。この地区へは改めて行くことにして、今回は先に進みます。) ・ 鐙摺(あぶみずり)・甲冑堂  (2014. 3. 7.)  「おくのほそ道」の笠島の章には『鐙摺・白石の城を過ぎ、笠島の郡に入れば・・・』と、鐙摺は一通過点として簡単に記されているが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奥の細道紀行 8. 須賀川

・ 須賀川  (2014. 1. 11~12.)  「おくのほそ道」須賀川の章は『とかくして越え行くままに・・・・左に会津根高く、右に岩城・相馬・三春の庄、常陸・下野の地をさかひて山連なる』とあり、白河の関を越えていよいよ本格的な奥州路へ踏み入れたのだという芭蕉の感慨が表われている。続いて『影沼といふ所を行くに、今日は空曇りて物影…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奥の細道紀行 7. 白河の関

・ 白河の関  (2014.1.11.)  白河の関は、5世紀の頃、蝦夷に対する防衛拠点として設けられた関であるが、9世紀初めには縮小し、廃絶された。その後も陸奥への入口として能因法師をはじめ多くの古歌が読み継がれてきたが、芭蕉の時代には、すでにその関跡がどこか定かでなくなっていた。  芭蕉は旧暦4月20日に、いよいよ白河の関を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奥の細道紀行 6. 雲厳寺~遊行柳

・ 雲厳寺  (2013.12. 5.)  芭蕉は、黒羽に滞在中、足を延ばして雲厳寺を訪れている。その目的は、師と仰ぐ仏頂和尚が修行した庵跡を見ることであった。雲厳寺は木々の鬱蒼とした山中にあり、私たちが行った時にも、境内にはだれ一人見えず、静寂そのものであった。山門を入った左側に石碑があり、仏頂和尚の 「たて横の 五尺にたらぬ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奥の細道紀行 5. 玉生~黒羽

・ 玉生  (2013.12. 4.)  日光から黒羽をめざして那須野を進んでいた芭蕉と曽良は、玉生で宿泊した。「おくのほそ道」には『農夫の家に一夜を借りて』とあるが、「曽良随行日記」には『名主ノ家ニ入リテ宿カル』とある。玉生の名主は玉生氏で、代々七郎右衛門の名を受け継いでいた。  私たちはその屋敷跡を訪ねた。そこは現在空き地に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奥の細道紀行 4. 鹿沼~日光

・ 鹿沼  (2013.11.20)   3月27日に江戸を出発した芭蕉は3日目の29日夕刻には鹿沼に到着している。曽良随行日記には『鹿沼ニ泊ル』とあるだけで宿舎名の記載はないが、鹿沼の西の寺と云われた光太寺に泊まったと伝えられている。光太寺は小高い山の中腹にあり、本堂の左側に小さく盛られた塚の上に「芭蕉居士 嵐雪居士」と彫られた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奥の細道紀行 3. 草加~室の八島

・ 草加・春日部  (2013.10.18)  草加は日光街道で千住の次の宿場である。曾良の「随行日記」によれば、『廿七日夜、カスカベに泊る。江戸より九里余』とあって、第一日夜は粕壁に泊まったことがわかる。それを芭蕉は『その日やうやう草加といふ宿にたどり着きにけり』と書いている。これは、人々との別れを惜しみ、肩の荷の重さに苦しんだ…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

奥の細道紀行 2. 千住

・ 千住  (2013. 9. 27)  千住大橋を渡った所に大橋公園がある。私は公園の脇から隅田川の河岸に下りてみた。この辺りが船着場のあったところで、芭蕉はここで船から上がったのだ。そして、ここで見送りに出向いた人々と別離を惜しんで旅立ったのである。護岸には蕪村筆の「旅立ちの図」が大きく描かれている。 大橋公園には「おくのほそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奥の細道紀行 1. 旅の始めに・深川

・ 旅の始めに  若い頃に読みかじった松尾芭蕉の「おくのほそ道」(岩波文庫)を引っぱり出して読んでみた。古文に不慣れな私でも、とても面白く読むことが出来た。そして、関連の解説本数冊も立て続けに読んでみて、「奥の細道」を実際にたどってみたいという気持ちに駆り立てられた。一度は行ってみたいと思っていた平泉中尊寺や山寺にも行ける・・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秩父札所3度目の結願

 昨年秋に始めた秩父札所巡りは4月までに33ケ所を回ったが、1ヶ寺だけ残して中断したままになっていた。たまたま今月の2日が珍しく涼しかったので、急に思い立って札所34番に行ってきた。34番水潜寺は32,33番から続けて回ると距離は遠く、バスの便はなくて歩き遍路にとって峠越えの難所である。しかし今回は34番だけの参拝でもあり、秩父線皆…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大宇陀の又兵衛桜

 4月5日から奈良へ桜の撮影に出かけた。今回のお目当ては吉野山千本桜と大宇陀の又兵衛桜で、そのほか長谷寺や大野寺など桜で有名な寺々も回る3日間の旅である。  出かける前に強大な低気圧が接近し、全国的に暴風雨が予想されていたので心配しながら出発したが、旅の後半は雨に降られたものの、それほど強風には遭わず、総じて撮影には支障のない天候…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秩父札所めぐり

  今月、健康で喜寿を迎えられたのを記念して秩父札所めぐりを始めた。22日に札所1番~5番と10,11番をまわり、昨日30日に6~9番、13~15番を巡礼してきた。  秩父札所めぐりは今回で3度目になる。最初は平成9年、2度目は平成13から14年にかけてだったから、今回は10年ぶりである。歩きを基本にした遍路である。もちろん電車・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「薔薇・夢の競演」

 5月のバラの季節も終わり、写真を整理してホームページにアップする準備をしているうちに、人名のついたバラを集めてみようと思いついた。  しかし今年撮影の写真だけでは枚数が少ない。そこで2005年と2007年に撮影した写真も見直し、そこからも追加してなんとか30枚程集めて並べてみると、結構面白いギャラリーが出来あがった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フェルメール展を見て

 渋谷Bunkamuraで開催中の「フェルメールからのラブレター展」を見てきた。今回展示されているフェルメール作品は「手紙を読む青衣の女」「手紙を書く女」「手紙を書く女と召使い」で、手紙がテーマの3作品である。フェルメールが生きた17世紀の大航海時代にオランダはヨーロッパで最も識字率が高く、手紙によるコミュニケーションがいち早く発達…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラ・ボエーム

 1月29日に新国立劇場オペラパレスで「ラ・ボエーム」を見た。ご存じプッチーニ作曲の人気オペラである。私もこのオペラが一番のお気に入りである。貧しいけれど夢に向かって生きる若者たちの青春物語で、誰もが共感できるストーリイであり、何と言ってもプッチーニの音楽が素晴らしい。第1幕の「私の名はミミ」から第4幕のロドルフォの「ミミ!」との絶…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ヒマラヤ紀行Ⅱ 11.ナガルコット

・2月21~22日 ポカラ~ナガルコット  今朝も雲が多くて山は見えず撮影は中止。8:30にホテル出発。8:40 ポカラ空港着。ブッダエアーU4604 は少し遅れて9:57 離陸した。添乗員が全員のシートを山側に取ってくれた。天候が良ければヒマラヤの山並みが展望できるのだが、わずかにマナスルがうっすらとが見えただけだった。 カトマ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒマラヤ紀行Ⅱ 10.ポカラ

・2月20日 ダンプス~ポカラ  朝食後もしばらく撮影を楽しんで、11:00にホテル出発、再び山道を下りポカラに向かう。ダンプス~ポカラは約30キロ。1時間ほどでポカラのペワ湖に着いた。近くの商店街にある日本レストラン「古都」で昼食、メニューは「すき焼き定食」で結構おいしかった。食後湖畔を散策したが、雲が出てヒマラヤの山々は全然見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒマラヤ紀行Ⅱ 9.ダンプスの眺望

・2月19~20日 ダンプス  8:30 にカロパニを出発して、ツーリストパーミットで下山手続き・ルプセ滝で撮影・温泉の村タトパニで昼食・・・・と三日前に登ってきた道を逆コースで下って来て、途中からダンプスへ通ずる登山道に入った。この道をダンプスまで行くのに1年前まではトレッキングでしか行けなかったという。車で行ける様になったとい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒマラヤ紀行Ⅱ 8.アンナプルナ

・2月18~19日 カロパニ  カロパニ(標高2,520m)に着いて車から荷物を降ろしていると、向こうから牛の群れがやってきた。我が物顔に道路いっぱいに広がって堂々の行進である。 私たちは、ホテルの部屋に荷物を置いてから早速屋上に上がって夕景撮影に取り掛かった。なかなか眺望の良い場所である。東側には左からニルギリ連峰、アンナプルナ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒマラヤ紀行Ⅱ 7.河口慧海記念館

・2月18日  ナウリコット~マルファ~カロパニ (つづき)  マルファ村で河口慧海記念館を見学した。恥ずかしながら私はヒマラヤに来るまで全然知らなかったが、河口慧海は明治から昭和にかけての仏教学者でチベット探検家として著名な僧侶だった。旅行から帰って市立図書館に行ってみると、慧海に関する本が数冊あった。その中から、上の写真にある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒマラヤ紀行Ⅱ 6.ダウラギリの朝焼け

・2月18日 ナウリコット~マルファ~カロパニ  昨日の朝はダウラギリのピークに雲がかかって朝焼けは撮れなかったが、今日は期待できそうだ。今朝も暗いうちに起きだし、屋上に上がると既に何人かがライトを照らしながらカメラのセッティングをしていた。私も、ダウラギリ側とニルギリ側の前後両方に向けられる位置に三脚をセットした。撮影コンディシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒマラヤ紀行Ⅱ 5.ナウリコット村

・2月17日 ナウリコット滞在 (つづき)  朝食をとって一休みした後、カメラ片手にナウリコットの集落を訪問した。ロッジから少し下った向こうに住宅が密集した高台が見え、その右下には広々と畑が続いている。のんびりした田園風景だが、そのすぐそばまでダウラギリの山裾が迫っており、ヒマラヤ山系のど真ん中であることを実感させる。畑の中に小さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒマラヤ紀行Ⅱ 4.ナウリコットで撮影

・2月17日 ナウリコット滞在  今日はナウリコットに滞在して終日周辺を撮影する。宿泊したロッジ・タサン ビレッジは小高い丘の上にあり、展望が非常に良い。西側正面にはダウラギリⅠ峰(8,167m)が聳えて、その下から手前に大氷河が迫ってくる。その右隣にはトゥクチェピーク(6,920m)がある。「Dhaulagiri」とはサンスクリ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ヒマラヤ紀行Ⅱ 3.四輪駆動車でジョムソン街道を行く

・2月16日 ポカラ~ナウリコット  朝早くホテルの屋上に上がってみたが小雨で山は見えない。帰りもここで一泊するので次の機会に期待して今朝の撮影は諦める。  今日はいよいよダウラギリを目指して出発である。チャーターした四輪駆動車4台に分乗してジョムソン街道をナウリコットまで登ってゆく予定だ。「ジョムソン街道」はネパールからチベッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒマラヤ紀行Ⅱ 2.バンコク経由ネパールへ

 ・2月15日 バンコク~カトマンズ~ポカラ  今朝は6時起床。朝食前にスーツケースを部屋の前に出しておこうと思って、うっかりキーカードを持たずに廊下に出たところドアが閉まって締め出されてしまった。添乗員を探してキーカードを再作成してもらったが、初日からへまをやらかしてしまった。それにしても身支度していたから良かったものの、下着姿…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒマラヤ紀行Ⅱ 1.ジョムソン街道の旅へ

 4年前の2007年にネパールに旅行してエベレストなどの名峰を撮影して以来、もう一度ヒマラヤに行きたい・・・、今度はダウラギリなどを撮影しにジョムソン街道へ・・・という希望を抱き続けていた。その間、何度かダウラギリ撮影ツアーに参加の機会があったが、その都度よんどころ無い事情で見送らざるを得ず残念な思いをしてきた。そして今年の2月、よ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シルクロード紀行 13. 万里の長城と紫禁城

 10月30日  昨夜はウルムチのホテルに宿泊した。今朝は9:30発の中国国際航空で乗り継ぎ地の北京へ向けて出発。22日から世話をしてくれたスルーガイドの寥さんとウルムチでのガイド張さんの二人がウルムチ空港で見送ってくれた。寥さんはここから本社のある成都に帰るという。北京行きの便は順調に飛行したが、その先の羽田行きが心配だった。昨…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シルクロード紀行 12. カシュガル 職人街

 午後はエイティガール寺院近くにある古い街並みの商店街に出掛けた。商店街には職人街と云われる街も続いていて、店先で職人が仕事をしている。鍛冶職人、木工職人、パン職人、ナン職人などなど。  立ち寄った楽器店の主人は日本語が堪能で、民族楽器についていろいろと楽器を鳴らして説明してくれた。「日本の曲を」というリクエストに応えて弾いてくれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シルクロード紀行 11. カシュガル 旧市街

 10月29日  今日はカシュガル市内での撮影である。カシュガルはシルクロードの天山南路と西域南道が合流するタクラマカン砂漠西端のオアシス都市で、中国国内で最西端の町である。人口の約8割をウイグル族が占めるイスラム教の街である。上の写真は繁華街の中心にあるエイティガール寺院。ここの広場は礼拝の日には数万人の信徒で埋め尽くされるとい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シルクロード紀行 10. アクスからカシュガルへ

 10月28日  昨夜はアクスで宿泊し、今日はいよいよカシュガルへ向かう。アクスからカシュガルまでは450キロ。今日は移動が中心で、特に撮影のために立ち寄る所はない。ただ、途中でウイグル族の住宅を訪問する予定が組まれている。  今日は天候も良く北側に山々が見えるが、それほど高い山ではない。これも天山系の山だろうが、残念ながらこの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more