新国立劇場のオペラ「フィデリオ」

 新国立劇場の新制作・オペラ「フィデリオ」を初日の5月20日に観てきた。「フィデリオ」はベートーヴェンが作曲した唯一のオペラであり、今回は注目の演出家カタリーナ・ワーグナーの演出という事で期待された公演である。このカタリーナの演出は、最終幕で、驚くべき奇想天外・想定外の展開となった。このブログ記事はネタバレにもなるので、最終日6月2…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more