フォトひとり言

アクセスカウンタ

zoom RSS 奥の細道紀行 34. 小松

<<   作成日時 : 2014/12/18 22:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

・ 小松  (2014. 11. 29・30.)
 芭蕉は、七月二十四日(陽暦9月7日)盛大な見送りを受けて金沢を立ち、小松で近江屋という旅宿に泊まった。金沢の北枝も同道した。翌日出立しようとしたが、小松の人々に引き留められ、山王宮(日吉神社)の神主・藤井伊豆宅に宿泊して、句会を催した。ここで詠んだ発句が「おくのほそ道」に記載された「しほらしき名や小松吹く萩薄」である。小松滞在中、芭蕉は立松寺(建聖寺)・諏訪宮などを訪れ、そして『多田八幡ヘ詣テ真(実)盛が甲冑・木曽願書ヲ拝』んだ(曽良随行日記)。
 小松に来て私たちは、小松天満宮・菟橋(うはし)神社・建聖寺・本折日吉神社そして多太神社を見て回った。小松天満宮は前田利常が菅原道真を祭神として小松城鎮護のために創建した神社で、拝殿などが国の重要文化財に指定されている。境内に芭蕉の「あかあかと・・・」の句碑がある。
画像
 菟橋神社は、地元では”諏訪さん”と呼ばれて親しまれ、盛大な祭りで有名である。「曾良随行日記」に『二十七日快晴。所ノ諏訪宮祭ノ由聞テ詣』とある様に、芭蕉もここの祭礼を見物した。鳥居の前に「しほらしき・・・」の句碑がある。
画像
 建聖寺は、当時は立松寺と称していた寺である。門前に「はせを留杖ノ地」の標柱があり、この境内にも「しほらしき・・・」の句碑がある。
画像
画像
              「しほらしき 名や小松ふく 萩すゝき」
 この寺には北枝作の芭蕉木像(小松市指定文化財)がある。芭蕉の風貌に接した北枝が精魂こめて作ったもので、芭蕉像の中で最も本人に似ている像だと云う。底部には「元禄三のとし北枝謹みて作之 (花押)」と刻まれている。私たちは、特別の計らいでこの木像に触らせていただき、一人一人が木像を抱いて記念写真を撮らせて貰った。意外に軽い木像であった。
画像
 本折日吉神社は、芭蕉が一泊して句会を開いた所である。境内に芭蕉来遊記念碑がある。中央に大きく「芭蕉翁留枝之地」とあり、その右に「しほらしき・・・」の句が刻してあるが、すり減っていて判読できない。
画像
 多太神社は、斎藤別当実盛の兜で知られた神社である。倶利伽羅峠の合戦で大敗した平家は加賀の篠原で再陣して義仲軍に対峙したが、またも総崩れとなった。この時、踏みとどまって、錦の直垂と菊唐草に鍬形の兜で、勇戦討死にしたのが実盛であった。実盛は、かって幼い義仲の命を救った恩人で、老いの身を侮られまいと白髪を染めていた。首級を洗わせた義仲は涙の対面の後、懇ろに弔いその甲冑を多太八幡宮に奉納したのであった。
 芭蕉は「おくのほそ道」に、『げにも平士(ひらさぶらい)のものにあらず。目庇より吹返しまで、菊唐草の彫りもの金をちりばめ、龍頭に鍬形打つたり。実盛討死の後、木曽義仲願状に添へて、この社にこめられ侍るよし・・・・・むざんやな甲の下のきりぎりす』と記している。
 多太神社の参道の両側には、実盛の石造りの兜・芭蕉像・実盛像・芭蕉句碑等々が立ち並んでいる。
画像
              「むざんやな 甲のしたの きりぎりす」
 社殿の左側奥にある松尾神社の前には「むざんやな・・・」の元句である「あなむざん・・・」の句碑がある。
画像
              「あなむざん 甲の下のきりゞゝす」
 この句の初案は「あなむざんやな」で、そして二案が「あなむざん」、さらに最終形の「むざんやな」になったといわれている。この「むざんやな」は、修羅能の「実盛」という曲の、『樋口参り、唯一目見て、涙をはらはらと流いて、あなむざんやな、斎藤別当にて候ひけるぞや』に拠ったものである。義経・義仲という悲劇の武将に心を寄せる芭蕉は、白髪を黒く染めて戦い、壮烈な戦死を遂げた老将実盛に涙を注いで詠んだのであろう。
 私たちは宝物館に入り実盛の兜を拝観した。小振りできれいな兜である。一度修繕した事があるという話だが、それ程古びていない感じである。国の重要文化財であり、「撮影禁止」なので、私は代わりに絵葉書を買ってきた。(このページトップの写真)

 翌日、今回の旅行の最後に、小松空港に向かう途中、篠原古戦場跡に行き、実盛塚と首洗池を見てきた。「実盛塚」は実盛の亡骸を葬ったところと伝えられる場所で、老松が生い茂り、周りに垣をめぐらして、いかにも実盛にふさわしい景観を呈している。
画像
 「首洗池」は、討ち取られた実盛の首を洗ったとされる池である。池の辺りに、実盛の首を抱いて泣く義仲らの像があった。
画像

 
 



                ******************

              ★ 筆者のホームページ ★
             ENAKA PHOTO GALLERY
                  http://www.enaka.jp/
             特設ギャラリー 「特集・奥の細道」
                http://www.enaka.jp/hosomiti.html

     *************************************************
        Copyright © Keiichi Enaka. All Rights Reserved.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
奥の細道紀行 34. 小松 フォトひとり言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる