フォトひとり言

アクセスカウンタ

zoom RSS 奥の細道紀行 33. 金沢

<<   作成日時 : 2014/12/16 17:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

・ 金沢  (2014. 11. 28.)
 七月十五日(陽暦8月29日)高岡をたった芭蕉は、埴生八幡宮を拝み、倶利伽羅峠を越えて加賀の国に入り、『未ノ中刻』(午後3時)、加賀百万石・北国第一の城下町金沢に到着した。「曾良随行日記」十五日の項には、『京や吉兵衛ニ宿かり、竹雀・一笑ヘ通ズ。良刻、竹雀・牧童同道シテ来テ談。一笑、去十二月六日死去ノ由』とあって、芭蕉が小杉一笑の死を知らず、金沢に着いたら第一番にこの人を訪ねようとしていたことが分かる。それだけに、芭蕉の驚きと悲しみは深かったと思われる。芭蕉は二十四日まで金沢に滞在したが、二十二日に願念寺で一笑の追善会が催され、そこで芭蕉は「塚も動け我泣く声は秋の風」と詠んだ。
 私たちは、金沢に着いて直ぐに願念寺に向かった。忍者寺として知られる妙立寺を見た後、その裏手に回ると願念寺の前に出た。願念寺の門前に芭蕉句碑が建っている。句の文字は芭蕉の真蹟を拡大して刻したものである。
画像
              「つかもうごけ 我泣声ハ 秋の風」
画像
  境内には、「一笑塚」があり、右側に小さく「心から雪うつくしや西の雲」という一笑の辞世句が刻してある。また、本堂前に、一笑が埋葬されていると思われる小杉家の墓もあった。それから、願念寺から少し歩いて、本長寺・成学寺・長久寺を見て回った。そのいずれにも、芭蕉の句碑が建っている。
 その後私たちは、犀川を渡り、兼六園・金沢城を見学した。兼六園は水戸の偕楽園・岡山の後楽園と共に日本三名園の一つとして名高い名園である。園内の山崎山の登り口、大銀杏の木陰に「あかあかと」の句碑が建っている。私たちが行ったのは既に11月も末、銀杏も紅葉も全て散り落ち、池の傍の「唐崎松」も雪吊りが終わって、冬を待つばかりであった。
画像
             「あかあかと 日はつれなくも あきの風」
画像
 私が若いころ金沢を訪れたとき、金沢城址は金沢大学の構内になっていたと記憶するが、今、大学は郊外に移転している。大学移転後、平成13年に城跡は金沢城公園となり、以来城の復元整備が進められた。現在も、来年の北陸新幹線開通に向けて、「金沢城三御門の整備」の残る一つ「橋爪門」の復元整備などの工事が急ピッチで行われている。私たちは、金沢城址をゆっくり散策したが、本丸跡の石垣の傍に数本の楓の紅葉が、真っ赤な色を残してわれわれを迎えてくれた。
画像
画像
 芭蕉は、一笑追善会の翌日二十三日に宮越(現、金石町)に行き、北枝・雲口らと俳諧を催した。「曽良随行日記」に『翁ハ雲口主ニテ宮ノ越ニ遊。予、病気故不行』とある。私たちも、金石町まで足を延ばし本龍寺に行った。本堂前に、俳諧の発句である「小鯛さす柳すゞしや海士が軒」の句碑がある。また、句碑の向かい側には、江戸末期の豪商銭屋五兵衛の墓があった。
画像
 私たちは、再び金沢市内に戻り、小坂神社と心連社に行った。心連社の境内には、芭蕉十哲の一人・立花北枝の墓と句碑がある。また、小坂神社には「芭蕉翁巡錫地」の碑が建っていた。
画像
 その後私たちは、犀川の河辺を歩き、「滝の白糸碑」などを見たあと、夕暮れの「ひがし茶屋街」を散策した(このページトップの写真)。
 茶屋街を歩いていると、「茶房 一笑」という店があったので、私は一人で店に入った。芭蕉が会いたがっていた一笑は小杉氏、茶屋新七といい、茶葉屋を業としていたという。この店が小杉一笑と関係があるのかは分からない。
画像
 私は玉露と栗菓子を注文して、とても小さな茶碗に玉露を三服いただいた。その一服目の旨さは何とも素晴らしい味であった。芭蕉も、一笑の兄が催した追善会の席で、このような味の茶を供されたのではないだろうか。そんなことを思いながら飲んだ、この玉露の味は、一生忘れられない味になりそうである。



                ******************

              ★ 筆者のホームページ ★
             ENAKA PHOTO GALLERY
                  http://www.enaka.jp/
             特設ギャラリー 「特集・奥の細道」
                http://www.enaka.jp/hosomiti.html

     *************************************************
        Copyright © Keiichi Enaka. All Rights Reserved.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
奥の細道紀行 33. 金沢 フォトひとり言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる