フォトひとり言

アクセスカウンタ

zoom RSS 奥の細道紀行 32. 奈呉の浦〜倶利伽羅峠

<<   作成日時 : 2014/11/25 23:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

・ 奈呉の浦  (2014. 10. 26.)
 滑川に一泊した芭蕉は、富山へは寄らず、神通川等を渡り放生津に入った。「おくのほそ道」には『黒部四十八が瀬とかや、数知らぬ川を渡りて、那古といふ浦に出づ』と記している。
 奈呉(那古)の浦は放生津潟の古称である。天平18年(746)から5年間、越中国守として在任した大伴家持が、奈呉の浦の風景を好んで和歌を詠み、以来奈呉の浦は万葉歌枕の名勝地となった。
 放生津八幡宮は、大伴家持が宇佐八幡宮を勧請して奈呉八幡宮と称したのが始まりである。社殿の裏手に「奈呉之浦」の標柱が建っている(このページトップの写真)。以前はここが堤防で、波の荒い時はしぶきがかかることもあったというが、いま海はここから少し離れている。
 八幡宮の境内には大伴家持の歌碑と芭蕉句碑がある。
画像
             「あゆの風いたく吹らし奈呉の海人の
                     釣する小舟こぎ隠る見ゆ」
画像
              「早稲の香や わけ入右は 有磯海」
 芭蕉は氷見の担籠(たご)の藤浪への道を尋ねたが「へんぴな所で泊る宿もなかろう」といわれ心もとなく加賀へ向かう。「おくのほそ道」の記載は『担籠の藤浪は、春ならずとも、初秋のあはれ訪ふべきものをと、人に尋ぬれば「これより五里・・・蘆の一夜の宿貸すものあるまじ」と、いひおどされて加賀の国に入る』とある。
 芭蕉が訪ねたいと思いながらも果たせなかった「担籠の藤浪」は歌枕で、いま田子浦藤波神社が祀ってある所である。私たちはそこへ行ってみた。
画像
 参道石段の脇に藤の古木があり、万葉集の古歌を思い起こされる。芭蕉は、この藤を見たかったのであろう。石段を登ると、社殿の裏に「大伴家持卿歌碑」があり、側面に歌が刻してある。
画像
                「藤波の影なす海の底清み
                  しづく石をも珠とぞわが見る」
 放生津八幡宮にある芭蕉句碑の「早稲の香やわけ入右は有磯海」は、芭蕉が越中で詠んだ唯一の句である。「有磯海」については、富山湾の総称とする説と、氷見線雨晴駅付近の男岩・女岩などの岩礁が群がるあたりとする二説ある。有磯海が担籠へ向かう途中の歌枕であり、芭蕉はその歌枕への思いを「分け入る右は有磯海」と詠んだとされている。
 「有磯海」の句碑は放生津八幡宮近くの荒屋神社にもあった。私たちは、昨日は滑川の徳城寺で新旧二つの句碑を見ており、また滑川の街に入る前に、高速道路の有磯海SAでも大きな新しい句碑を見てきた。合計5基の「有磯海」の句碑を見たことになるが、このことは、芭蕉が万葉歌枕への思いと越中の景観を大きく詠みこんだこの句を、越中富山の人たちが如何に愛し大事にしているかを物語っているように、私には思えたのである。

・ 倶利伽羅峠  (2014. 10. 26.)
 私たちは、高岡で加賀藩二代藩主前田利長の菩提を弔う瑞龍寺と利長墓所を見学した後、倶利伽羅峠に向かった。
 倶利伽羅峠については、「おくのほそ道」に『卯の花山・倶利伽羅峠が谷を越えて、金沢は七月中の五日なり』と記し、「曾良随行日記」には『十五日 快晴。高岡ヲ立。埴生八幡ヲ拝ス。・・・クリカラヲ見テ、未ノ中剋、金沢ニ着』と記載している。
 倶利伽羅峠は越中と加賀の境界にある旧北国街道の峠である。寿永二年(1183)、木曽義仲が「火牛の計」の奇襲で平家軍を破った古戦場として名高い所である。合戦の模様は「平家物語」や「源平盛衰記」にくわしいが、私は小学4年生の時、講談社の少年文学全集の「源平盛衰記」で、この倶利伽羅合戦を初めて読んだときの感動は今でも鮮明に覚えている。
 私たちは、芭蕉たちも拝んでいる埴生八幡宮を参拝したあと、旧北国街道を歩いて峠を越えた。私にとっては結構きつい峠越えであった。木曽義仲が戦勝祈願した埴生八幡宮の前には「源義仲騎馬像」が建っている。また、峠には「火牛の像」がある。
画像
画像
 峠付近には、平家の総大将平維盛の本陣跡と軍議石があり、その前の道路脇に芭蕉句碑が建っている。 この句は、倶利伽羅峠の戦いの一か月前に、義仲軍が平家に敗れた越前燧ヶ城址を見ての句である。
画像
画像
              「義仲の 寝覚の山か 月かなし」
 倶利伽羅峠を越えて、芭蕉はいよいよ加賀の国に入る。私たちも、来月は金沢・小松を回る予定である。




                ******************

              ★ 筆者のホームページ ★
             ENAKA PHOTO GALLERY
                  http://www.enaka.jp/
             特設ギャラリー 「特集・奥の細道」
                http://www.enaka.jp/hosomiti.html

     *************************************************
        Copyright © Keiichi Enaka. All Rights Reserved.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
奥の細道紀行 32. 奈呉の浦〜倶利伽羅峠 フォトひとり言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる