フォトひとり言

アクセスカウンタ

zoom RSS 奥の細道紀行 26. 温海〜村上

<<   作成日時 : 2014/09/20 17:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

・ 温海  (2014. 8. 30.)
 不玉ら大勢の俳人に送られて酒田を立った芭蕉は、大山を経て温海に着いた。この間の海岸線は岩組が美しい所である。「曽良随行日記」には『三瀬ヨリ温海ヘ三リ半。此内、小波渡・大波渡・潟苔沢ノ辺ニ鬼かけ橋・立岩、色々ノ岩組景地有』と記されている。私たちはこれらを車窓から眺めながら移動し、塩俵岩の所で小休止した。塩俵岩は割れ目が斜めに作用したもので、俵を積み重ねたように見えることからこの名がある。ここに海を背にして大きな芭蕉句碑がそそり立っている。
画像
              「あつ美山や 吹浦かけて ゆふ涼み」
 象潟に行く途中にある吹浦の十六羅漢岩にもこの句の碑があった。酒田で詠んだこの句の意味は、「南に遠く温海山を望み、そこから遙か北方吹浦へかけての長汀を見渡しながら夕涼みをしている」というもので、(実際にそこまで見渡せたとは思えないが)、広い景色に晩涼を入れて爽快さが感じられる句である。私は今回の旅で、ここまで酒田日和山・吹浦海岸・温海と実景を見てきて、この雄大な句がますます好きになった。
 温海村に着いた芭蕉は土地の庄屋鈴木惣左エ門宅に泊まった。現在もその子孫が在住している。私たちもここに行ってみたが、新しい立派な家が、「芭蕉宿泊の家」という標柱の奥に建っていた。
 芭蕉が宿泊した夜は大雨になったという。
画像

・ 鼠ヶ関  (2014. 8. 30.)
 芭蕉は出羽三山に登って以来体調を崩していたので、馬で鼠ヶ関を越えた。「曽良随行日記」には『廿七日 雨止。温海立。翁ハ馬ニテ直ニ鼠ヶ関越ラル。予ハ湯本ヘ立寄、見物シテ行』とある。曽良が芭蕉に追いついたのは翌日の村上であった。
 鼠ヶ関(念珠関)は白河関・勿来関と共に奥羽三関の一つである。1300年ほど前に設置された当時は、現在の念珠関所跡の場所から1キロほど南にあった。現地点に移設されたのは慶長年間といわれている。ちょうど本能寺の変があった頃である。関所は明治になるまでその役目を務めた。ここは義経・弁慶の「勧進帳」の舞台ともいわれ、「勧進帳の本家」という標識があった。
画像
画像
 私はこれを見て一瞬信じられない思いがしたが、ここの関所でも安宅の関と似たような事件があったのかもしれない。説明板には『「義経記」の義経一行奥州下りの鼠ヶ関通過の条は、歌舞伎の「勧進帳」を思わせるごとき劇的場面として描かれている』と書いてあった。
 現在の関所跡から1キロ南に行くと、「古代鼠ヶ関址及び同関戸生産遺跡」という石柱が建っている。この辺りは現代の県境でもある。近くの通りに立派な境標が建てられている。左が山形県鶴岡市、右が新潟県村上市である。このような街中に県境があるのは全国的にも珍しいという。やはり関所の街ならではの事である。
画像

・ 村上  (2014. 8. 31.)
 芭蕉は「おくのほそ道」に『鼠の関を越ゆれば、越後の地に歩行を改めて、越中の国市振の関に至る。その間九日・・・・・病おこりて事をしるさず』と記しただけで、鼠ヶ関から市振までの記載を省略している。疲労で相当体力が弱まっていたのだろう。「曾良随行日記」によると、芭蕉たちは村上では二泊している。
 前日夕方村上に入り瀬波温泉に泊まった私たちは、この日まず石船神社へ行った。境内入口近くに二つの句碑がある。「文月や・・・・」の句は、七月六日夜、直江津での句会発句である。
画像
               「文月や 六日も常の 夜には似ず」
画像
               「花咲て 七日鶴見る 麓哉」
 市内中心部に行くと、芭蕉が宿泊した井筒屋がある。現在、甘味処に変わっているが、今でも一夜一組だけ予約客を泊めているという。この辺りは、昔の雰囲気を残した町家造りが多い。名産塩引き鮭の老舗「喜っ川」の店内に入ると、1000本以上の鮭が天井から吊るされているのは壮観であった。
画像
画像
 そのあと、「黒塀通り」(このページトップの写真)を通って市内を散策し、浄念寺・おしゃぎり会館・重文の若林邸・村上藩主の菩提寺である光徳寺などを見て回った。
 更に、旧乙村にある乙宝寺に行った。県内屈指の古寺で真言宗の名刹である。芭蕉も村上から新潟に向かう途中で参詣している。境内には多くの句碑が建っているが、その中に芭蕉の「うらやまし 浮き世の北の 山桜」という小さな句碑があった。




                ******************

              ★ 筆者のホームページ ★
             ENAKA PHOTO GALLERY
                  http://www.enaka.jp/
             特設ギャラリー 「特集・奥の細道」
                http://www.enaka.jp/hosomiti.html

     *************************************************
        Copyright © Keiichi Enaka. All Rights Reserved.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
奥の細道紀行 26. 温海〜村上 フォトひとり言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる