フォトひとり言

アクセスカウンタ

zoom RSS 奥の細道紀行 22. 本合海〜最上川

<<   作成日時 : 2014/07/30 13:28   >>

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

・ 本合海  (2014. 7. 9.)
 六月三日(陽暦7月19日)、好天に恵まれて新庄を立った芭蕉は、本合海より最上川下りの船客となり、清川で上陸、羽黒山麓に向かったのである。。本合海は、「義経記」によれば平泉へ逃れる義経主従が、羽黒山から清川へ出、最上川を船で遡り、上陸した場所である。芭蕉がそこから逆に船で下ったのは、義経を敬愛する芭蕉の「奥の細道」にかける念願だったのかも知れない。 
 本合海には「史跡芭蕉乗船之地」の標柱が建てられ、傍らに芭蕉・曾良の旅姿像がある(このページトップの写真)。その向かい側には「おくのほそ道」に収録の『あつめて早し』の句碑が建っている。
画像
              「五月雨を あつめて早し 最上川」
  この句の初案は、大石田の高野一栄亭での「あつめてすゞし」の句で、五月雨で増水している最上川を舟下りして、『水みなぎって舟危ふ』い思いをした体験によって改作したものであろう。さらに、その背後には、最上川が早川(急流)であるという本意を生かそうとした意図もあったと思われる。
画像
 崖下の川岸に下りると船着き場があった。この辺りで芭蕉たちは船に乗ったのだろう。この日の最上川は、水かさは多い方だろうが、静かにこの右手の方に流れ下っていた。

・ 最上川  (2014. 7. 10.)
 一つの都府県のみを流域とする河川としては国内最長(229 km)で、球磨川(熊本県)、富士川(山梨・静岡県)とともに日本三大急流の一つに数えられる最上川は、山形県民から「母なる川」と親しまれている大河である。そして最上川は、「おくのほそ道」本文に『これに稲積みたるをや、稲船とはいふならし』とあるように、古くから舟運が開け、「古今集」のみちのくうた、
   「もがみ河のぼればくだるいな舟の
       いなにはあらずこの月ばかり」
や、西行の「山家集」の歌、
   「最上川つなでひくともいな舟の
       しばしがほどはいかりおろさむ」
などで知られた歌枕でもある。
 芭蕉は本合海から乗船したが、今日の最上川観光の目玉になっている舟下りの乗り場は、もう少し下流の古口にある。古口から草薙まで約12キロが「最上川芭蕉ライン舟下り」と称する船旅のコースである。
 私たちはこの日の午後に舟下りする予定であったが、最上川大増水のため、残念ながら欠航となってしまった。ここ数日の雨が続いており、特に昨日から台風8号の影響で山形地方全般に豪雨があったためである。
画像
画像
 予定通りの時間に古口の舟下り乗船場に行った。増水した最上川は濁流となって渦を巻きながら流れていた。乗船口の建物は半ば水没し、今にも流されそうな状態である。この日の「五月雨を集めた最上川」は「すゞし」や「早し」どころか、「激し」を通り越して「恐ろし」い川となったように見えた。
 舟下りが終日欠航になって閑散とした「戸澤藩船番所」では、係りの人たちが私たちを待っていて歓迎してくれた。そして美人船頭の星川さんが、舟上の案内よろしく、いろいろと説明をし、美声で舟歌を聞かせてくれた。最近は外国人観光客も多いようで、「最上川舟歌」は英・仏・中・韓の四か国語で歌ってくれた。
画像
 この後、私たちは最上川に沿ってバスで移動し、車窓から白糸の滝などを見ながら清川まで行った。清川は芭蕉が下船した地である。
 清川小学校の最上川よりの裏庭に、「芭蕉上陸之地」の石柱があり、加藤楸邨揮毫の「五月雨をあつめて早し最上川」の句碑と芭蕉像が建てられている。
画像
画像
 夕方ホテルに入ってから見たテレビで、県内南陽市では河川の氾濫で洪水になり、また山形新幹線が終日運休になっていることを知った。フェイスブックには、写真友達から「無理をしない様に」と気遣ったメッセージが入っていた。




                ******************

              ★ 筆者のホームページ ★
             ENAKA PHOTO GALLERY
                  http://www.enaka.jp/
             特設ギャラリー 「特集・奥の細道」
                http://www.enaka.jp/hosomiti.html

     *************************************************
        Copyright © Keiichi Enaka. All Rights Reserved.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
奥の細道紀行 22. 本合海〜最上川 フォトひとり言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる