シルクロード紀行 3. ホータン

画像

 10月24日
 昨日はクチャ行きの飛行機が次々にキャンセルされてしまい、予定を変更して深夜にホータン(和田)に着いた。でも、寥さんの機敏な対応により、昨夜のホテルから最終日迄の行程変更もすべて順当に手配済みとのことで安心した。チャーターバスと現地ガイドは今朝までにクチャから到着していた。運転手とガイドのグランバイルさんは今日からカシュガルまでの6日間私たちに同行する。バスの運転士さんは昨夜一睡もしてないので仮眠するため、今日午前中はホテルの運転士が代役を務めるという。
 朝食の後、バスでウイグル河に向かった。グランバイルさんはウイグル族のママさんガイドで日本語が堪能である。「2008年のウイグル騒動以来日本人の観光客が途絶えて、今日は3年ぶりの日本語ガイドです。日本語を一生懸命復習してきました」と言ってホータンの説明を始めた。
 ホータンは玉の産地で有名である。玉は日本では今はそれほど好まれないが、中国では古来王朝貴族に好まれ、今でも貴重なものとして珍重されている。ホータン河の河原では玉を探している人が見られ、近くの玉取引所では大勢の人が群がっていた。堤防の上では屋台が並び、私たちがカメラを向けると子供たちが集まってきた。 
画像
 市街の中心部には玉の加工所がある。そこでは女工さんたちが小さな玉を磨いて細工をしていた。
画像
画像
画像
 この日は日曜日で大通りではバザールが開かれていた。羊、鶏、アヒルやウリ、ザクロなどの果物、その他なんでも持ち寄って売っている。老人や子供も楽しそうに街を歩いていた。
画像
画像
画像
 午後はラクダに乗って砂漠の中をトレッキングの予定である。





 筆者のホームページ
   ENAKA PHOTO GALLERY
     http://www.enaka.jp/
   「シルクロード紀行 1 タクラマカン砂漠を行く」
    http://www.digibook.net/d/be45c17fa0ddb21862c44c8712751ae7/?viewerMode=fullWindow
   「シルクロード紀行 2 オアシスの人たち」
    http://www.digibook.net/d/6454815f801db01cee054cb3b876daa5/?viewerMode=fullWindow

      ************************************
    Copyright © Keiichi Enaka. All Rights Reserved.  

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック