シルクロード紀行 2. 天候不良で行程変更

画像

 10月23日
 ホテルを 6:30 に出発してウルムチ空港に向かう。8:30 発のクチャ行に乗る予定である。朝食はホテルの用意した弁当をバスの中て食べた。パンとゆで卵だけの簡単な物だ。バスの中で寥さんが用意してくれた中国元を両替する。1万円で740元也。
 空港に着くとチェックイン窓口で予約していた便がキャンセルされたと告げられた。理由は良く分からないが、寒気が南下して天候が悪化しているらしい。突然のことで一同どうしようかと相談。クチャ行きは1日2便しかないので次の 17:00 発の便を予約し、それまでの時間は天池に行くことになった。
 天池(てんち)はウルムチから東110キロ、ボゴダ峰の中腹にある風光明媚な観光地である。こんな機会に行けるのはラッキー!と思って出掛けたが、途中から雪が降り出した。一般車は途中までしか行けず、公園内バスに乗り換え又その先は凍って滑る道を徒歩で登り、苦労して着いてみたら一面霧の中。「天池」という標識はこの目で確認したものの、湖も山も全然見えず、見えるのは足元だけという状況だった。写真は1枚も撮れず空しく引き返した。帰り道では雪の中の紅葉などを撮ったりした。
画像
 撮影中、馬と羊の一群が移動してきた。堂々としたもので、走ってくる車を停まらせて悠々と道路を横断して行く。
画像
画像
 天池の後は時間があればウルムチの新疆博物館へ行って楼蘭のミイラなど見学するところだったが、残念ながら時間の余裕がなくなりウルムチ空港へ直行した。
  クチャ行きの変更後の予定便は 17:00 発である。航空会社は中国南方航空。搭乗手続では厳重なチェックを受け、一行の一人はトランクを開けさせられ中まで綿密に検査された。搭乗口の待合室に行き待機していたが、予定時間になっても一向に搭乗が始まらない。暫くしてから「キャンセル」の表示が出た。またもや突然のキャンセルである。しかも、出発予定時間を過ぎてからで、何の説明もないキャンセル。搭乗口では数十人のウイグル人が係員に詰め寄って抗議していた。前日から待たされて今日も帰れなくなった人たちらしい。怒るのも尤もである。
 クチャに行けなくなって我々の予定も大番狂わせだ。ガイドの寥さんは対応に大忙しである。予定を変更して今夜遅い便でホータンへ行くことになった。大幅な行程変更である。砂漠縦断は逆回りになる。クチャで日中から待機しているチャーターバスと現地ガイドは、これから砂漠行路を夜を徹して走り、明朝までにホータンに駆け付けるという。
 深夜にホータン空港に着陸した時は、晴天で満月が煌々と照っていた。これで明日からの旅行は天気には問題なさそうである。それにしても、天候のためとはいえ対応の悪い中国南方航空に振り回された一日だった。
 立派な建物のウルムチ空港で時間待ちをしていたの時に、待合室の喫茶店でカウンターの店員が蠅叩きで一生懸命に蠅を捕まえていた。近代的な空港施設と非衛生的な蠅というアンバランスがなぜか印象的であった。





 筆者のホームページ
   ENAKA PHOTO GALLERY  http://www.enaka.jp/

   「シルクロード紀行 1 タクラマカン砂漠を行く」
    http://www.digibook.net/d/be45c17fa0ddb21862c44c8712751ae7/?viewerMode=fullWindow

   「シルクロード紀行 2 オアシスの人たち」
    http://www.digibook.net/d/6454815f801db01cee054cb3b876daa5/?viewerMode=fullWindow

      ************************************
    Copyright © Keiichi Enaka. All Rights Reserved.

  

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック