スパムの襲来

 今日は例外的に写真掲載抜きで書いてみる。今回の内容に適した写真は、どう探しても見当りそうもないから・・・・・。
 このブログを始めて未だ2ヶ月余りだが、今月に入って急にスパムのトラックバックが多く来るようになった。例によってアダルトなものや埒もない公告サイトばかり。英文のものもある。プロバイダーのスパム対策により、Eメールでトラックバック通知を受けて直ぐに抹消できるから、アクセスして頂いた一般の訪問者の目には殆ど触れなかったと思ってはいるが、どうだったろうか。
 スパムメールには以前から悩まされてきたのだが、ブログにもこのようなスパムがある事は具体的には認識していなかった。尤も、ホームページの掲示板でも、スパム書き込みに困っているという話を聞いて、私のサイトでは掲示板を作らなかったのだった。
 写真サイトの掲示板でアダルト系の写真を貼り付けられては堪ったものではない。一遍に真面目なリピーターの信用をなくしてしまうだろう。私はブログについては初心者で、未だ詳しくは判らない事ばかりだが、トラックバックやコメントで写真を貼られるという事もあり得るのだろうか。ブログでは、アダルト写真の貼り付けだけは絶対に拒否するという事を貫いて欲しいものだ。
 メールではだいぶ前からスパムに悩まされ続けてきた。最初はスパムメールの実態について何も分かっていなかったため、一回だけうっかり配信拒否の返信を出してしまったのだった。それから暫らくして、「迷惑メールは開いてはだめ、返信してはだめ」と盛んに言われるのを目にし耳にするようになったが後の祭りで、いやらしいタイトルのメールが来るわ来るわ・・・。
 その後、プロバイダーのスパム拒否サービスを利用してきたが、敵もさる者、タイトルや発信者名にはそれらしいキーワードを使わず擦り抜けてくる。またブロックサービスでフィルターを掛けているので、中身は目にしないで済んでいるが、スパムの数はなかなか減らなかった。
 数年前からは、堪りかねてメールアドレスを3個使い分けて、ウェブ用のアドレスは頻繁に変更するようにしているが、スパムとの戦いはまだまだ続きそうだ。
 世界の若い善良で優秀なIT技術者やソフト技術者には、是非がんばっていただき、ウィルスのみならず、スパムを撲滅する道を1日も早く開発してもらいたいものだ。



 筆者のホームページ
   ENAKA PHOTO GALLERY  http://www.enaka.jp/

      ************************************
    Copyright © Keiichi Enaka. All Rights Reserved.

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック