新国立劇場のオペラ「フィデリオ」

 新国立劇場の新制作・オペラ「フィデリオ」を初日の5月20日に観てきた。「フィデリオ」はベートーヴェンが作曲した唯一のオペラであり、今回は注目の演出家カタリーナ・ワーグナーの演出という事で期待された公演である。このカタリーナの演出は、最終幕で、驚くべき奇想天外・想定外の展開となった。このブログ記事はネタバレにもなるので、最終日6月2…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

新国立劇場の「こうもり」を観る

 新国立劇場1月公演のオペレッタ「こうもり」を観てきた。オペラとオペレッタの違いは「オペラは芸術でオペレッタは娯楽」と云われるが、まさにその通りで、ワルツ王ヨハンシュトラウスⅡ世作曲のこの「こうもり」はオペレッタの最高傑作であり、新年にふさわしい賑やかな楽しい公演であった。  演出はハインツ・ツェドニク、美術・衣装はオラフ・ツォン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新国立劇場の「神々の黄昏」

 新国立劇場で楽劇「神々の黄昏」を観てきた (10月4日)。一昨年から3年がかりで上演されてきた「ニーベルングの指輪」第3日、四部作の終幕である。ドイツの巨匠ゲッツ・フリードリヒの演出、指揮は飯守泰次郎芸術監督。そして管弦楽は読売日本交響楽団で、新国立劇場主催公演に初登場である。  「神々の黄昏」の『あらすじ』  運命の女神…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奈良紀行 14. 室生寺

・室生寺(4月30日)  奥深い山と渓谷に囲まれた地にある室生寺は、多くの文化遺産を持つ古寺である。有名な五重塔、金堂、灌頂堂(本堂)は国宝であり、また多くの国宝・重文の仏像がある。  表門のすぐ前に室生川が流れ、その上に朱色の欄干の太鼓橋がかかっている。そして橋を渡ったところの石柱には「女人高野室生寺」の文字が刻まれている。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奈良紀行 13. 長谷寺

・長谷寺(4月30日)  奈良仏像拝観の旅三日目に訪れたのは長谷寺と室生寺です。長谷寺は、以前からいろいろと縁があって、何回となく来ているが、ボタンの季節は初めてである。長谷寺は「花の寺」と呼ばれている寺であり、境内に高浜虚子の次の句碑がある。     花の寺 末寺一念 三千寺 「三千寺」とは、長谷寺が真言宗豊山派の総本山で、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奈良紀行 12. 東大寺

・東大寺(4月29日)  この日、午前中に京都の南山城(みなみやましろ)へ行って岩船寺と浄瑠璃寺を拝観してから奈良に戻り、昼食は奈良ホテルでちょっと豪華なランチを食べた。そして午後は、奈良国立博物館で開催されている「快慶展」のチケットを一枚ずつ貰って、あとは各自、興福寺や春日大社など好きなところへというフリータイムである。私は、午…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都紀行 10. 浄瑠璃寺

・浄瑠璃寺(4月29日)  バスを降りて参道を行くと、浄瑠璃寺の小さな門が見えてくる。門をくぐると、緑に囲まれたこじんまりとした境内である。 浄瑠璃寺の境内は、東に薬師如来を祀る三重塔が西面して建ち、宝池を挟んで、西に九体の阿弥陀如来像を安置する横長の阿弥陀堂が東面して建っている。太陽は三重塔のある東から昇り、宝池を渡って阿弥陀堂…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都紀行 9. 岩船寺

 4月28~30日の奈良旅行の二日目午前中は、南山城(みなみやましろ)の岩船寺と浄瑠璃寺を訪ねた。かって山城国といわれた京都府の最南端の地が南山城である。その地の奈良との県境の近くに岩船寺と浄瑠璃寺がある。 ・岩船寺(4月29日)  奈良市を出てしばらく行くと山間の田園地帯となる。その先にある岩船寺は、豊かな緑に包まれた山間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奈良紀行 11. 法輪寺

・法輪寺 (4月28日)  中宮寺から北へ約1キロ行くと、古くは三井寺とも呼ばれた法輪寺がある。聖徳太子の病気平癒祈願のため、子の山背大兄王と孫の弓削王が発願して建立された寺である。  昭和25(1950)年の発掘調査によると、法隆寺と同様、東に金堂、西に塔が並び、北に講堂が建つ伽藍配置をもっていた。その三重塔は法隆寺の五重塔、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奈良紀行 10. 中宮寺

・中宮寺 (4月28日)  夢殿のある法隆寺東院の東隣に、尼寺である中宮寺がある。聖徳太子の母、穴穂邊間人(あなほべのはしひと)皇后の寺である。皇后は、蘇我馬子の姉・小姉君の娘として生まれ、異母兄の用明天皇の妃となって、厩戸皇子(聖徳太子)をはじめ四人の子どもをもうけたが、蘇我・物部の争いに絡み、悲運な運命をたどった。中宮寺はその…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奈良紀行 9. 法隆寺(続)

・法隆寺(続)(4月28日)  平成10(1998)年完成の大宝蔵院百済観音堂の本尊が百済観音である。この像は昭和初年までは金堂内に安置されていたというが、それは古代以来のことらしい。江戸時代には百済から渡来の虚空蔵菩薩像として知られていたが、明治44(1911)年に化仏を表した金銅製宝冠が寺内で発見されて、観音像であることが明ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奈良紀行 8. 法隆寺

 4月28~30日、ツアーに参加して、奈良地方に仏像拝観の旅に出た。今回の旅の主たる目的の一つは、奈良国立博物館で開催中の「快慶展」を見ることであったが、私は久しく行ってない法隆寺・中宮寺と、行きたいと思いながらまだ行ったことのない浄瑠璃寺にも行くことであった。盛りだくさんな仏像拝観の旅であったが、日時順に感じたことを記してみたい。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

楽劇「ジークフリート」を観る

 6月1日、新国立劇場でワーグナーの楽劇「ジークフリート」を観てきた。「ラインの黄金」、「ワルキューレ」に続く「ニーベルングの指輪」第2夜である。若い怪力の英雄、大蛇退治や小鳥との対話、口づけで長い眠りから覚める美女・・・と居ながらにしてドイツ・メルヘンの世界を楽しめる大作である。ドイツの巨匠ゲッツ・フリードリヒの演出で、指揮は飯守…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

新国立劇場の「ルチア」を観る

 3月14日、新国立劇場でドニゼッティのオペラ「ルチア」を観てきた。新制作で、当劇場では今回15年ぶりの公演である。  演出はモンテカルロ歌劇場総監督のジャン・ルイ・グリンダ、そしてタイトルロールを歌うのは、現在スター街道を駆け上がっているロシアの名花オルガ・ペレチャッコである。彼女は、飛ぶ鳥を落とす勢いで世界中の名歌劇場で大活躍…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

新国立劇場の「ワルキューレ」を観る

 10月2日に新国立劇場でワーグナーの楽劇「ワルキューレ」を観た。2016-17 シーズンの幕開け公演で、昨シーズンの序夜「ラインの黄金」に続く「ニーベルングの指輪」の第1夜である。「指輪」の中でも人気の高い作品で、「ワルキューレの騎行」をはじめ、「冬の嵐は過ぎ去り」など馴染みの曲も多い。飯守泰次郎芸術監督の指揮、ドイツの巨匠ゲッツ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

奈良紀行 7. 薬師寺 (続)

・薬師寺 (続) (6月5日)  玄奘三蔵院伽藍を見てから、北口から入って薬師寺白鳳伽藍を見学した。薬師寺は来るたびに復興整備が進んでいる。前回来たときはなかった大講堂が立派な姿を見せている。金堂に回ると、修学旅行の学生が大勢来ている(このページトップの写真)。この金堂にある日本一美しい仏像といわれる薬師三尊像は、やはり中高生も必…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奈良紀行 6. 薬師寺

・薬師寺 (6月5日)  今回の旅行最後は薬師寺である。  薬師寺には今まで幾度となく来ているが、最初は大阪勤務時代の昭和40年代初めであった。当時の高田好胤管主が金堂の前で、小さな台に乗って、修学旅行生を前にして講話をしているのを、その近くで一緒に聴いた記憶がある。当時の境内はまだ荒れた状況も残り、金堂は現在興福寺に移築されて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奈良紀行 5. 法華寺

・法華寺 (6月5日)  唐招提寺を拝観のあと法華寺に向かった。途中、24号線の奈良バイパスを通ったが、近鉄奈良線を跨ぐ辺りで高架になってカーブする所がある。ここが平城宮跡を見る絶好の場所で、徐行するバスの車窓から、復元された大極殿を中心として平城宮跡全体を見渡すことが出来た。  法華寺は、元は藤原不比等の邸宅があった場所で、不…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奈良紀行 4. 唐招提寺

・唐招提寺 (6月5日)  唐招提寺が大好きという人は多い。先日も友人の一人が、私の写真(このページトップの写真)を見て、「唐招提寺は大好きな寺だ」と言っていた。また、有名人でも、瀬戸内寂聴は著書「寂聴古寺巡礼」の中で、『奈良には多くの名刹があるが、その中で唯一の好きな寺をあげよといわれるなら私は即座に唐招提寺をあげる』といってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奈良紀行 3. 興福寺

・興福寺 (6月4日)  興福寺は久しぶりである。以前、西国三十三観音巡りで興福寺南円堂(第九番札所)を訪れたとき以来である。今回、ここへ来る前に参拝した白毫寺境内の見晴台から奈良市街を見渡したが、五重塔の後ろに巨大な建設やぐらが見えた。これは興福寺「中金堂」を再建工事中のものである。 興福寺は、平家による南都焼き討ちの際、わずか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奈良紀行 2. 白毫寺

・白毫寺 (6月4日)  白毫寺は、奈良市東部の山並み、若草山・春日山に続き南に連なる高円山の西麓にある古寺である。高円と呼ばれたこの地に天智天皇の第七皇子、志貴皇子の離宮があり、その山荘を寺としたと伝えられている。平安遷都に伴い寺は寂れたが、鎌倉時代になり西大寺中興の祖である叡尊によって再興された。そして、室町時代には兵火により…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奈良紀行 1. 喜光寺

・喜光寺 (6月4日)  久しぶりに奈良へ旅行に出た。3年前に桜撮影で奈良地方へ行ったことはあるが、奈良の仏像を観る旅は20年振りくらいだろうか。今回は、唐招提寺の鑑真和上像の御開帳に合わせての日程で、6月4・5日の一泊二日で6ヶ寺を回る計画である。テーマは、鑑真をはじめ行基など奈良時代の名僧の彫像を観ることにある。京都で新幹線か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都紀行 8. 勝持寺・願徳寺

・勝持寺 (4月6日)  京の西山連峰の麓に位置する勝持寺は、天武8年(679)に天武天皇の命により創建されたのが始まりという古刹である。承和5年(837)仁明天皇の勅により塔頭四十九院を建立されたが、応仁の乱で仁王門を除きすべて焼失した。現在の建物はその後再建されたものだが、唯一仁王門(上の写真)だけが当時のものである。この仁王…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都紀行 7. 十輪寺

・十輪寺 (4月6日)  十輪寺は、京都西山大原野にある山寺である。平安時代初期に創建され、文徳天皇の后、染殿皇后(藤原明子)が安産祈願に訪れ、後の清和天皇が生まれたことから、子授け・安産のご利益がある寺といわれてきた。応仁の乱で一時は荒廃したが、江戸時代に藤原氏の公家・花山院家により再興された。  平安時代の歌人で「伊勢物語」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都紀行 6. 東寺の夜桜

・東寺 (4月5日)  夕刻5時ごろ東寺に着いた。今回の訪問の主な目的は、五重塔初層の拝観と夜桜見物である。  東寺は、講堂にある立体曼荼羅と云われる仏像群があまりにも有名である。大日如来を中心に21体(内16体が国宝)の仏像が整然と配されている。この講堂や金堂の仏像は、私は今まで何度も(勿論今回も)拝観したが、五重塔初層は初め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都紀行 5. 法然院

・法然院 (4月5日)  高台寺のあとは、銀閣寺近くの駐車場まで行き、そこから哲学の道を散策しながら法然院に向かった。哲学の道は琵琶湖疎水へ続く川沿いに整備された散策路で、桜の名所にもなっている。「哲学の道」の名は、哲学者西田幾多郎がここを散策して思索に耽った事から付けられた。  法然院は、京都東山の鹿ケ谷にある山寺で、専修…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都紀行 4. 高台寺

・高台寺 (4月5日)  京都の桜見物を目的に、併せて美しい仏像を見学しようと、4月5日から1泊2日で京都に行ってきた。紅葉と桜の季節、京都の街はいつも観光客でいっぱいだが、今回は街の中心部だけでなく、比較的観光客の少ない洛西、西山の麓にある寺々を回って来た。  京都駅に着いて直ぐに、私たちは高台寺近くにある 「ザ ソウドウ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オペラ「アンドレア・シェニエ」を観る

 4月20日、新国立劇場でオペラ「アンドレア・シェニエ」を観た。このオペラを生で観るのは私は初めてだが、今回のお目当てはタイトルロールを歌うテノール、カルロ・ヴェントレである。彼の新国立劇場出演は、2009年「トスカ」のカヴァラドッシ、2013年「アイーダ」のラダメスに続く3回目である。初登場の「トスカ」ではその輝かしく力強い声で、…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

オペラ「サロメ」を観る

 3月6日、私は新国立劇場のオペラ「サロメ」を観てきた。 このオペラは、預言者ヨハネの首を望む少女・・・という新約聖書に記された挿話を基にしたオスカー・ワイルドの戯曲をリヒヤルト・シュトラウスがオペラ化したものである。 ヘロデ王から踊りの褒美として何でも所望せよと言われた王女サロメは預言者ヨハナーン(ヨハネ)の首を求め、銀の皿に載…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新国立劇場「ラインの黄金」の新聞評

 新国立劇場の「ラインの黄金」の評が、一昨日10/26日の朝日新聞の夕刊に掲載され、それを読んで、その酷評ぶりに驚いた。10/14上演の評で評者は音楽評論家・鈴木淳史(以下敬称略)である。  詳しくは上の新聞切り抜きの画像を見ていただきたいが (このブログは 画像のクリック拡大が2回可能)、見出しは「古色蒼然, 現代に響かず」とあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新国立で「ラインの黄金」を観る

 10月1日、新国立劇場で 2015-16シーズンのオープニング公演、新制作の「ラインの黄金」を観てきた。ワーグナーの楽劇「ニーベルングの指輪」4部作の序夜である。「ニーベルングの指輪」はワーグナーが26年にわたる歳月をかけて作曲した最大の傑作で、権力の象徴である黄金の指輪をめぐって、神々と人間が三世代に渡って繰り広げる壮大なスケー…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

京都紀行 3. 高山寺

・高山寺 (6月24日)  今年5月に上野の東京国立博物館で「高山寺の至宝展」が開かれたが、大勢の人が詰めかけて、入場が2~3時間待ち、館内に入ってからも、お目当ての「鳥獣戯画」を見るのに2時間待ちという状態だったという。私も鳥獣戯画を見たかったが、この混雑ぶりを聞いて、見に行くのをあきらめたのだった。  栂尾にある高山寺は古く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都紀行 2. 妙心寺東林院

 ・妙心寺東林院 (6月23日)  京都洛西の花園は、北に衣笠山などの山々を望み、その山麓には石庭の竜安寺、金閣寺、西には兼好法師ゆかりの双ヶ岡、さらに嵯峨野、嵐山と広がる地で、その中心地にある大本山妙心寺は40余の塔頭がある大寺院である。その塔頭の一つである東林院は、周囲を竹藪に囲まれ、沙羅双樹の庭園と枯山水庭園が、水琴窟の雅な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都紀行 1. 祇王寺

 ・祇王寺 (6月22日)  6月下旬に京都に行ってきた。この時期、初夏の京都は初めてである。最近、緑の京都がきれいだということで、「青もみじの京都へ行こう」と、JRでも盛んに宣伝している。普通、京都といえば、シーズン的にはやはり秋の紅葉ということになり、また春の桜の季節も同様に京都の町は観光客で溢れるのだが、6月の緑の季節は観光…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新国立劇場の「椿姫」

一昨夜、新国立劇場で「椿姫」の新制作公演を観てきた。この名作オペラの新制作は新国立では13年振りだというが、光を有効に使った素晴らしいオペラが出来上がった。演出はフランスの気鋭演出家のヴァンサン・ブサール。 彼は、事前に『照明は通常、舞台を照らすものだが、私は音楽を照らすものだと考えている。音楽に色を付ける、音楽に光を灯す、その…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奥の細道紀行 40. 大垣 ・ 旅を終えて

・ 敦賀~大垣  (2014. 12. 4~5.)  敦賀から大垣までは決して至近の距離ではないのだが、芭蕉がどこを通って大垣まで辿り着いたかは、今でも謎とされている。私たちは、長浜を経由して大垣まで、芭蕉も歩いたと思われる場所を辿って行った。  敦賀・色の浜を後にして、先ず最初に立寄ったのは福井・滋賀の県境にある西村家である。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奥の細道紀行 39. 敦賀~色の浜

・ 敦賀  (2014. 12. 4.)  芭蕉が敦賀に着いたのは、仲秋の名月の前日であった。「おくのほそ道」には、『十四日の夕暮れ、敦賀の津に宿を求む』とある。宿は出雲屋であった。山中温泉で芭蕉と別れた曾良が、先に敦賀に着いて手配している。「曾良随行日記」に『十日快晴・・・出雲や弥市良ヘ尋。金子一両、翁へ可渡之旨申頼、預置也』と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奥の細道紀行 38. 福井~木ノ芽峠

・ 福井  (2014. 11. 30.)  芭蕉は、永平寺で午後の一時を過ごし、夕方になってから福井の町へ向かった。「おくのほそ道」には『福井は三里ばかりなれば、夕飯したためて出づるに、黄昏の道たどたどし』とある。この永平寺から福井までが、奥の細道で芭蕉が一人で旅をした唯一の場所である。芭蕉は、西行のような孤独な一人旅を愛する人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奥の細道紀行 37. 全昌寺~永平寺

・ 全昌寺  (2014. 11. 29.)  八月五日(陽暦9月18日)山中温泉で芭蕉と別れた曾良は全昌寺で宿泊して、七日に出立している。芭蕉が小松で生駒萬子にあった後『大聖寺の城外、全昌寺といふ寺に泊』ったのは、『曾良も前の夜この寺に泊まりて』という「おくのほそ道」の記述によれば八日の夜ということになる。  全昌寺は曹洞宗の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奥の細道紀行 36. 山中

・ 山中  (2014. 11. 29~30.)  七月二十七日(陽暦9月10日)小松から山中温泉に到着した芭蕉の、山中温泉滞在中の動静を「曾良随行日記」は次のように記載している。 『廿七日 ・・・山中ニ申ノ下刻着。泉屋久米之助方ニ宿ス。山ノ方、南ノ方ヨリ  北ヘ夕立通ル。  廿八日 快晴。夕方、薬師堂其外町辺ヲ見ル。夜にニ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奥の細道紀行 35. 那谷

・ 那谷  (2014. 11. 29.)  芭蕉は、七月二十七日(陽暦9月10日)小松から山中温泉に行き、八月五日(陽暦9月18日)に曾良と別れ、北枝を伴って再び小松に赴く途中で那谷寺に詣でた。「曾良随行日記」には、『五日 曇。昼時分、翁・北枝、那谷ヘ趣。明日、於小松ニ、生駒万子為出会也』とある。生駒万子は本名重信、禄高千石の加…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奥の細道紀行 34. 小松

・ 小松  (2014. 11. 29・30.)  芭蕉は、七月二十四日(陽暦9月7日)盛大な見送りを受けて金沢を立ち、小松で近江屋という旅宿に泊まった。金沢の北枝も同道した。翌日出立しようとしたが、小松の人々に引き留められ、山王宮(日吉神社)の神主・藤井伊豆宅に宿泊して、句会を催した。ここで詠んだ発句が「おくのほそ道」に記載され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奥の細道紀行 33. 金沢

・ 金沢  (2014. 11. 28.)  七月十五日(陽暦8月29日)高岡をたった芭蕉は、埴生八幡宮を拝み、倶利伽羅峠を越えて加賀の国に入り、『未ノ中刻』(午後3時)、加賀百万石・北国第一の城下町金沢に到着した。「曾良随行日記」十五日の項には、『京や吉兵衛ニ宿かり、竹雀・一笑ヘ通ズ。良刻、竹雀・牧童同道シテ来テ談。一笑、去十二…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奥の細道紀行 32. 奈呉の浦~倶利伽羅峠

・ 奈呉の浦  (2014. 10. 26.)  滑川に一泊した芭蕉は、富山へは寄らず、神通川等を渡り放生津に入った。「おくのほそ道」には『黒部四十八が瀬とかや、数知らぬ川を渡りて、那古といふ浦に出づ』と記している。  奈呉(那古)の浦は放生津潟の古称である。天平18年(746)から5年間、越中国守として在任した大伴家持が、奈呉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奥の細道紀行 31. 市振~滑川

・ 市振  (2014. 10. 25.)  市振の街並みに入る所に「海道の松」という大木が聳えている。解説板に曰く、「昔の北陸道は、この海道の松から、海岸へ降りて、西からの旅人は、いよいよ寄せくる波におびえながら、天下の嶮親不知子不知を東へ越えることになったのである。また西へ上る旅人は10キロ余の浪間を、命がけでかいくぐり、海道…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奥の細道紀行 30. 能生~親不知

・ 能生  (2014. 10. 25.)  芭蕉は高田を出て加賀街道(北国街道)から五知国分寺・居多神社を参拝、名立に寄る予定だったが、紹介状が届いてないため、歩を進めて能生に夕刻到着した。「曾良随行日記」には『十一日快晴。巳ノ下剋、高田ヲ立。五知・居多ヲ拝。名立ハ状不届、直ニ能生ヘ通、暮テ着。玉や五良兵衛方ニ宿。』と記している…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奥の細道紀行 29. 直江津~高田

・ 直江津  (2014. 10. 24.)  出雲崎に一泊した芭蕉は、七月五日(陽暦8月19日)柏崎を経て鉢崎に泊まり、翌六日、今崎(直江津)に到着した。柏崎では宿泊予定地でトラブル(前回No.28参照)があったが、直江津ではどうであったか。 「曽良随行日記」によると『聴信寺ヘ弥三郎状届。忌中ノ由ニテ強而不止、出。石井善次良聞テ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奥の細道紀行 28. 出雲崎~柏崎

・ 出雲崎  (2014. 9. 28.)  出雲崎は、芭蕉来遊当時は、佐渡ヶ島への渡船場として栄えた港町である。北国街道に沿って発展し、「妻入り」の家が、日本一の長さの3.6キロにも連なって、今も残っている。「うなぎの寝所」のような、間口が狭く奥行きの長い「妻入り」の構造は、江戸時代に越後一の人口密度を誇った繁栄の名残りである。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奥の細道紀行 27. 新潟~弥彦

・ 新潟  (2014. 9. 27.)  新潟に入った芭蕉は、ちょうど港祭りの最中だったこともあって追込宿しかなく、大工源七の母の家に情けにより泊めてもらった。そして翌日には早々と新潟を出立している。何故か芭蕉は新潟の地にあまり良い印象を持たなかったようである。疲れている芭蕉は馬で行きたかっただろうが、『馬高ク、無用之由、源七指…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more